X-DRIVEワンランク上のクオリティー 空撮専門ムービプロダクション

Video: Sample Movie Edit by X-DRIVE

安全第一

X-DRIVEでは安全第一に考え空撮を行います。

空撮から編集まで

打ち合わせから空撮、編集まで1チームで行います。

機体と撮影料金

豊富な機種とリーズナブルな料金体系。お客様のご希望に応えます。

ご利用の流れ

ご利用の流れ、注意事項など

厳選された確かなフライト技術と高品質な映像編集

 

空撮から映像編集まで1チームにて行うことによってお客様のご希望する最高の作品をご提供させていただきます。

専属のデザイナーが完全プロデュースします。

 

他の空撮会社とは違う

X-DRIVEの大きな3つの特徴

ウェイクボード空撮

前方、側面、後方からスムーズな撮影

広大な風景を空撮

プロモーションなどにぴったりの空撮

編集時に色合いを最適にします。

お問い合わせ
スケジュール調整

空撮の内容、場所、映像の使用用途、ご希望等をお聞かせください。
天候の状況を考慮しながら撮影スケジュールの調整を行います。

ご発注

『利用規約』を確認いただき、『発注書(請負契約書)』に署名・捺印をいただきます。
サービス料金の内、現地調査(ロケハン)費の30,000円をお支払いいただきます。
※ご入金がない場合現地調査ができません。その場合空撮も行えませんのでご注意ください。

現地調査

撮影ポイント等の視察をさせて頂き、フライトプランをお打合せします。
※現地調査後に現場の状況から空撮が不可能と判断した場合でも、現地調査(ロケハン)費のご返金はできません。
また実費(交通費、駐車代、宿泊代等)についても別途お支払い頂きますので予めご了承ください。

※人口集中地区と指定されているエリアで空撮を行うには国土交通省へ空撮をする許可を申請することが義務付けられています。
通常、国交省への申請が承認されるまで約2週間から約1ヶ月かかりますが、
弊社は国土交通省から日本全国の人口集中地区を対象とした飛行を承認する
全国包括承認書を取得しております。
急なスケジュールにも柔軟に対応可能となっております。


※夜間飛行を行うには別途申請が必要となりますのでご注意ください。
その場合、現地調査を基に許可申請書を作成し、国交省、航空事務所に提出します。
提出後、承認に約2週間かかる場合もありますのでご注意ください。
また、申請後、許可が下りなかった場合でも現地調査費(ロケハン費)はご返金できませんので予めご了承ください。

撮影

15分×3フライトが基本となります。
1フライトとはバッテリー1回分(約10~15分間)の飛行を指します。その間何度でも離発着は可能です。
尚、撮影は安全を最優先とさせていただきます。
撮影ができない条件下では中止とさせていただきますのでご了承ください。
詳しくは「撮影条件と注意事項」をご参照ください。

ご納品

納品は基本的に素材データになります。
撮影後に素材データをご確認いただき、バックアップデータを作成します。
残金のご入金を確認次第、撮り素材をサーバーへアップ、もしくはBD、DVD等のメディアに保存し、着払いにてお送りいたします。
ご入金が確認できない場合、素材データはお渡しすることができませんのでご注意ください。
尚、撮影現場にて納品をご希望の場合は、撮影前日までに残金を全額お支払いください。
撮影現場にHDD、ノートPC等をお持ちください。その場でデータを転送いたします。

■キャンセルポリシー

4日前 キャンセル料は頂きません。
3日前・前日 各サービス料金の50%をご請求させていただきます。
撮影当日 ご発注いただいたプラン全額100%をご請求させていただきます。
※スタッフが現場に向かっていた場合、その実費(交通費・燃油代・駐車場代)も別途ご請求させていただきます。

お問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご返答に数日要することが御座います、お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

会社概要